眉間ディープパッチ使い方

 

ミケンディープパッチは、比較的使い方が簡単なパッチです。

 

 

でも、効果的な使い方はあります。
間違った使い方をしてもそれなりも効果はありますが、化粧品の潜在能力を引き出せない恐れがあります。
やっぱりちゃんと正しい使い方をマスターしておいた方が良いですよね。

 

では、ミケンディープパッチの正しい使い方とはどういったものでしょうか?

 

 

 

 

 

ミケンディープパッチの正しい使い方

眉間パッチを使うタイミングは?

眉間ディープパッチ使い方

 

洗顔・クレンジング→化粧水→美容液や乳液の順でお肌を整えた後、パッチを貼ります。

 

  • オールインワンタイプの化粧品を使っている人は眉間ディープパッチの前に使ってください。
  •  

  • クリームによってはパッチがはがれやすくなることがあります(油分が多いなど)。その場合は、パッチを貼った後でクリームを使います。パッチ部分は避けてくださいね。

 

 

できれば、5時間以上貼り続けてくださいね。
効果が全然違います。

 

 

 

眉間パッチを使う頻度は?

週に2回です。
毎日、使うパッチではありません。
できるだけ等間隔になるように1週間で3〜4日ごとに2回使用します。

 

 

より早く効果を実感するには?

使用回数を増やします。
ただし1回使ったら、1日以上間を空けてください。

 

日中に使っても問題ありませんが、メイクの上から貼ってもあまり効果がありませんので、メイクを落としてスキンケアをしてから使ってください。

 

 

 

ミケンディープパッチの基本的な使い方は?

洗顔料でお肌の汚れを落として清潔にした後、化粧水などでお肌を整えます。

 

化粧品がお肌に残っていると、美容成分の針が肌に届く前に溶けてしまいます。
パッチがはがれやすくなったり、実感できなかったりします。

 

 

パッチを取り出して準備します。

眉間ディープパッチ使い方1

 

  1. 針(ニードル)の部分は触らないように注意してください。
  2. 袋に入っている透明ケースからパッチを取り出します。
  3. パッチから白い保護フィルムをはがします。

 

 

パッチを眉間に貼ります。

眉間ディープパッチ使い方3

 

  1. 眉間の折れグセを指でしっかり開くようにのばります。
  2. パッチが肌に密着するように少し強めに真上から2〜3回指で押すようにして貼り付けます。
  3. パッチを貼った状態で寝ます。
  4. 少なくても最低5時間以上は貼ったままにします。美容成分が浸透するのに時間がかかります。
  5. 朝、起きたら、パッチを優しくはがします。貼り付けた部分の針の土台が残っている場合は、そのまま洗顔で洗い流します。

 

  • パッチは貼り直し禁止です。パッチの粘着力が弱まります。また美容成分がちゃんと角質層に届きにくくなります。
  •  

  • 貼るときに空気が入らないようにします。空気が入ると、美容成分の針がお肌に刺さらない原因となります。

 

 

 

まとめ:ミケンディープパッチの使い方

基本的に週に2回使います。
洗顔して後、お肌を整えた後でミケンディープパッチを使います。
パッチの貼り直しはやらないでください。

 

上記以外にも大事なことはいっぱいありますので、本文で確認してくださいね。

 

ミケンディープパッチの使い方でわからないことがあったら、スキンケアアドバイザーに相談してください。

スキンケアアドバイザー

0570-550717
10:00〜12:00
13:30〜17:00(土日祝休み)

 

 

 

 

 


TOPへ