目のクマの種類と見分け方!?知らないとヤバイ

目のクマ種類見分け方

 

目の下にクマがあると、疲れているように見えるので顔の印象が一気に暗くなりますよね。
逆に、目の下にクマが無いだけでスッキリした印象を持たれます。

 

当然、クマができたらなんとかしたいですよね。

 

もし目のクマができたら、最初にやることはクマの種類を特定することです。

クマの種類がわかったら、有効なコンシーラーを選べますし、アイクリームもあなたに合ったものを選ぶことができます。

 

 

 

目のクマの種類と原因は?

クマには色々種類があって知らないと効果的な対策もできません。
目のクマは、一般的に以下の3種類です。

 

 

青グマ

血行不良などが原因のクマです。
目の周辺には、たくさんの毛細血管が通っています。
しかし、血流が悪くなって血液が滞ると、眼の周りの薄い皮膚から毛細血管が透けて青っぽく見えます。

 

主な原因か以下の通りです。

  • 睡眠不足や疲労で血行が悪くなっています。
  • 生活習慣やストレスによってホルモンバランスが乱れています。
  • 目が疲れています。
  • パソコンやスマホの画面を見過ぎて、血流が滞っています。

 

 

茶グマ

色素沈着などが原因のクマです。
茶グマには2種類あります。

  • 表皮レベルでメラニンが色素沈着しています。
  • 真皮レベルでメラニンが皮膚の奥の方に沈着しています。

 

表皮レベルの茶グマは、紫外線からダメージを受けたり目をこすったりすると、色素沈着しやすくなります。
化粧品かずれや、落としきれないマスカラが原因となることもあります。
目の下だけでなく、まぶたにできることがあります。

 

真皮レベルの茶グマは一種のアザです。
青みのある灰色と茶色が混ざったような色素斑で、メラニンが皮膚奥で沈着するとできます。

 

 

黒グマ

目の下のたるみや皮膚の凹みなどが原因のクマです。
原因は以下の通りです。

  • 加齢で目の周りの脂肪が委縮したり、皮膚のたるみが原因が皮膚の凹みが目立つことで影ができます。
  • 目の下の眼窩脂肪を支えている筋肉がゆるんで、目袋ができて、たるみや凹みができます。

 

 

 

クマの種類の見分け方は?

青グマ

  • クマの境目の皮膚を軽く引っ張ると目立たなくなります。
  • 下のまぶた辺りを動かしてもクマが動きません。皮膚の下の静脈の色が見えているだけなのでシミとは違います。
  • ファンデーションを塗ると、目立たなくなります。

 

 

茶グマ

  • クマの境目の皮膚を引っ張っても目立ちます。黒クマと違って上を向いてもクマだとわかります。
  • 引っ張ったとき、クマも一緒に動きます。皮膚と一体化しているからです。

 

 

黒グマ

  • 上を向いて鏡を見ると、目立たなくなります。
  • 皮膚を引っ張ると、クマが消えます。
  • ファンデーションを塗っても目立ちます。

 

黒グマは影が正体なので、光加減で見えたり見えなかったりします。

 

 

 

【おまけ】クマの種類に合ったコンシーラーは?クマが隠せます

コンシーラーを上手く使えばクマを隠すことができます。
特にクマをピンポイントで隠したい場合は、厚塗りしないようにします。
薄くのせると、時間が経ってもキレイな状態でキープされます。

 

クマの種類ごとのオススメのコンシーラーは以下の通りです。

青グマ 血行が良く見えるようにオレンジ系のコンシーラーを使うと良いでしょう。
茶グマ イエロー系のコンシーラーがお勧めです。
黒グマ

オークル系やベージュ系のコンシーラーで光を入れると、目立ちにくくなります。
影が原因のクマはハイライトを脂肪が減ったところに入れる効果的です。

 

 

 

まとめ

目クマの種類の見分け方は、以下の通りです。

  • 青グマは皮膚を引っ張っても動きません。
  • 茶グマは皮膚を引っ張ると、一緒に動きます。
  • 黒グマは、上を向いて鏡を見ると、目立たなくなります。

 

クマ対策、コンシーラーで隠すこともできますが、アイキララなどアイクリームを使うとより効果的です。

 

アイキララは、それぞれのクマをトータルサポートできる成分が配合されています。

  • 青グマ:Kコンプレクス
  • 茶グマ:ハロキシル
  • 黒グマ:MGA(ビタミンC誘導体)

 

 


TOPへ